挫折したとき中二に立ち返れば乗り越えられる天才的発想法

投稿日時:2014年9月1日 カテゴリー:日記

アインシュタイン

学校の成績が悪かった場合

日本の教育がなってないと思う。

今の日本の教育は、記憶重視であり、欧米諸国に遅れをとっている。
天才肌の自分には発想型の教育をしてもらわなければ困る。

コネはないが文部省に直訴でもするか。

解けない問題がある場合

俺が解けなければ、他すべての人間が解けていないと思う。

他の人が解けたなどといっている場合の対処

さすがと褒め称えつつも、その問題、実は隠されたもう一つの意図があるんだぜ、と意味深な言葉を発してその場からいち早く去る。

超えられない壁にぶつかった場合

その壁は、成層圏をぶち抜き宇宙まで達している、ここまで上れたのは、世界で俺一人だけだと自賛する。

いったんは休憩だ。
経験を積み、時が来れば必ず再挑戦すると心で叫び、今後一切近づかない。

試験に落ちた場合

組織の陰謀だと思う。

組織は試験に合格することで自分の影響範囲が広がるのを一番恐れている。
そろそろあの組織を地球上から完全に消滅させてやるか。

喧嘩に負けた場合

あと一撃俺に攻撃を加えたら、覚醒するところだったと言い放つ。

俺は、最後まで我慢したが、限界がある。
覚醒したら、お前確実に死んでたぜ、命は大切にするんだな。

論破された場合

暴力に訴える。

ペンは剣よりも強しそんなのは嘘っぱちだ。
なぜ大国は武力を持つのか考えてみろ。
俺は、それをお前に知ってもらいたくてあえて論破されたんだぜ。

入社面接に落ちた場合

勘違いをしているから言っておこう。俺がお前たちの面接の仕方を評価していたのだ。

やれやれ、最近の面接官もレベルが低くなったぜ。
何だ、「もし、あなたがこんにゃくだったらどうしますか」って言う質問は。
意図がばればれなんだよ。
面接官があれじゃ、あの会社のレベルもたかが知れてるぜ。SNS で拡散しとくか。

リストラされた場合

やっと自由になれたよ。

お前たちは、何も考えずに俺をリストラしたと思っているが、そうじゃない。
俺が、リストラされるようにお前たちを操作していたんだ。
もう、会社とかあ飽き飽きだぜ。

最後に

もし嫌なことがあれば、発想をプラス思考に変える。これが秘訣です。


コメントを残す